LOGISTICS4.0 ロジステックス4.0

Logistics4.0

Logistics 4.0とは、第4次産業革命(インダストリー4.0)の物流版と言われ、IoTの進化により実現化する物流のイノベーションです。

  1. 第1の革新輸送の機械化

    鉄道網の整備、トラックの実用化(陸上輸送力の強化)、汽船・機船が普及(海上輸送力の強化)で、大量輸送時代の幕開けとなった。

  2. 第2の革新荷役の自動化

    自動倉庫や自動仕分といった機械化が進み、荷役(貨物の上げ下ろし)作業が一部機械化された。

  3. 第3の革新物流管理のシステム化

    ITを活用した物流管理システムが広がり、在庫や配車などの管理が自動化・効率化した。

第4の革新Logistics 4.0とは

Logistics4.0、その変革の方向性は「省人化」と「標準化」の2つになります。少子化が進み人材不足が加速していますが、物流の世界でもこの状況は顕著に表れています。今後、物流の「運ぶ」「保管する」「梱包する」「手配する」といった基本オペレーションはロボティクスにより装置化していきます。PALではLogistics4.0のIoTに省人化とAIによる標準化を様々なサービスとして物流業界に提供していくことにより、Logistics4.0時代のリーディングカンパニーを目指します。

人の操作や判断を必要とするプロセスを大きく減少させます。IoTの活用が進めば、ピッキングはロボットにより自動化され、倉庫内の運転も自動化されます。オペレーションが人から機械やシステムに置きかわることにより、必要人数は大幅に削減され効率化していきます。

機能や情報が一元化し見える化することにより、様々なことが柔軟に組み替えられるようになり、効率化していきます。サプライチェーンの上流から下流までの情報が一元化し見える化することで、在庫の最小化と機会損失の縮小が格段に進みます。