PAL

Menu

AI CROSTAAI CROSTA

物量実績・勤務実績、外部要因などをAI(人工知能)が学習し、
時間やパフォーマンスを考慮したシフトを作成します。

労働者の減少や物量の
大きな変化があっても、
生産性を落とすことはありません。

人の採用に苦労し続ける労働環境。
より複雑さとスピードが増していく物流。
センターの安定稼働の為に、
センター長はいつも頭を抱えています。

物流データをラーニングさせ未来を予測し、
精密な物量と最適化された
スタッフシフト計画を、
AIにて導きだすことに成功しました。

物流センターではシフトをつくる事に、
膨大な時間と
膨大な資料を眺めていました。

  • 物量は毎日変化が激しく、
    シフト希望は細かく複雑です。
  • 物量予定を作っても、
    大半は予測できていません。
  • 外部要因や内部要因が、
    正しく把握できません。

テクノロジーを導入しこれまでの課題を簡単な操作によって、
より確実に、より速くAIが解決します。

眠っていた物流データを、
全てAI(人工知能)が処理し、
自動的にデジタルで答えを返していく。
更に、物量変動要因となるデータを、
ラーニングし続けることで、
スタッフシフト構築の精度は、
日々高まっていきます。

AIでより速く、より正しく現場を理解できる環境を、
AI CROSTAで
実現してください。

※画面はイメージです。

AI CROSTA(クロスタ)は多くのスタッフを雇用されている方々に提供する、
新たなテクノロジーサービスです。
アナログからデジタルへ。AIが精密な物量予測を導き出し、
物流業界にイノベーションを起こします。

  • 予測物量実績データや予定データや外部要素データ全てを登録します。
  • 最適シフト希望シフトを集め、工程毎に最適シフトを生成します。
  • データの
    見える化
    AI化のプロセスは、デジタル化を推し進める。センター全体の見える化に貢献します。
  • データ
    ラーニング
    予測精度を高め続けるため、膨大なデータを学習し続けます。
  • シフト
    予測
    未来の計画的なシフトをより精度の高いAIがシフト予測します。

AI CROSTAは断片的な情報を全てつなぎ合わせ、
より緻密で精度の高い
データ計算を可能にすることが出来ます。

AI CROSTA(クロスタ)が荷主や企業の膨大な実績データ・計画データや、
勤務実績や労働条件などを全て取込み、
独自開発のロジックで
AIがラーニングし続けます。

  • 物量を
    AIが学習

    年間を通じた入出荷情報や、マーケティング情報等データ波動をAIによりラーニングし予測を実施します。
  • 勤務や労働条件を
    AIが学習

    勤務実績や労働条件(時給、曜日)、希望条件などをデータ化し、物量予測と併せて最適配置を作りあげます。
  • 時流要因を
    AIが学習

    AI CROSTAが全てのデータを日々学習し、精度の高いシフト作成をサポートし続けます。

今も、そして、これからもAI CROSTAはパートナーと共に、
開発をし続け
精度を高め続けていきます。

  • 解析の結果、蓄積されていくデータ36,864,000,000Byte/月
  • 開発時間7656時間以上
  • PAL株式会社 PAL代表取締役 辻 有吾 物流センター内のオペレーションに取り組んできたからこそ、いち早くデジタル化の必要性を感じとり、現場の課題に焦点をあて、AI CROSTAの開発を行っている。AIに取り組んだデータを活用していくことで、社会の生産性を高め続けていくことに貢献していきたい。
  • エーアイ・トウキョウ・ラボ株式会社代表取締役 北出 宗治 物流セクターにおけるAIテクノロジー活用は、今まさに始まったばかり。AI CROSTAを通じ、スタッフシフトの最適化に取り組むことは、センター長の悩みを解決していくにとどまらず、継続的に物流センターの生産性を高め続けていくためのソリューションへと発展していくものと期待している。
  • 北海道大学川村 秀憲 博士(工学) 物流センター内は、これまでアナログ情報があふれていたが、これから物流セクター全体にデジタル化の波が押し寄せ、AIの活用シーンが飛躍的に拡大していく。PALの取り組みはユニークだ。AIによる自動化によって、物流セクターの生産性を高め続ける取り組みに期待する。

AI CROSTAを導入し、AIに任せることで、
より計画的かつ生産能力の高い
現場を生み出します。

  • 生産性の
    向上
    人の作業生産をAIにシフトし、作業時間も短縮化します。
  • 工程管理属人的なブラックボックスも、AIがクリアーに見える化します。
  • 品質の
    一定管理
    データ管理や処理をAIで管理することで環境に左右されない分析や解析の品質を保ち、分析行動を記録します。
  • 安全性の
    確保
    個人情報、保管物の情報は最も重要なデータです。セキュリティー強化の為にもデータの暗号化を保ちます。
  • 管理を
    自動化
    作業を行うための資料のまとめ、作成、レポートいった一連の流れもAIを使って自動化します。

AI CROSTA(クロスタ)により、
物流データの利用と活用を促進します。

問い合わせる