PAL

SPECIAL CONTENT物流業界にいま起っている事、私達がすべきことについて掲載しています

アナログな物流現場のデジタルシフトに取り組む ―PALの挑戦―

物流の現場にテクノロジーを持ち込み、物流の生産性を高め続けることを目指す会社として、物流の未来創造に日々挑戦しています。

アナログ作業が中心の物流業界は今、デジタル化の波が押し寄せています。現在、物流センター内においても、物流機械の導入のニュースが出てき始めたり、人の動きの可視化、さらにAI(人工知能)を搭載したロボットアームやIoTの導入といった動きが生まれ始めています。そのような中、PAL は物流の現場にテクノロジーを持ち込み、物流の生産性を高め続けることを目指す会社として、物流の未来創造に日々挑戦しています。

当社は、物流センター内の運営を請負うオペレーション事業を行なっています。入荷から格納、出荷といった物流センター業務を人材の管理を含め包括的に受託しています。PALの特徴は、物流センター内での稼働状況を可視化し、物流センター全体の生産性向上に取り組むシステム環境を整えていることです。入荷や格納といった工程ごとに、データを管理し、全行程を見渡して最適化を図るなど、人の配置変更だけではなく、各工程における自動化や間接業務のデジタル化にも取り組んでいます。

一方、ロボットを活用した省人化がトレンドのように表現されることも多くなってきていますが、実際にはまだまだ人手の方がうまく運用できる工程が多いのが現実です。また、機械が導入されてもヒトによるオペレーションとの連携や、全体最適はデザインしなければなりません。そして、物流現場には標準化されていない工程が多大にあります。そのような課題に対し、PALはヒトの力を基本とした物流現場の運営と、システム開発の両側面の経験と開発能力を持つ強みを活かし、センター全体の最適なオペレーションを提案することができます。それがPALのユニークなポジションであり、今、業界に求められる強みだと考えています。

BACK TO

RECRUIT募集事項

キャリア採用

  • エントリー
  • WANTEDLY

アルバイト・パート採用

  • 株式会社PAL アルバイト・パート求人情報

新卒採用

  • 現在採用はありません