WAREHOUSE
AUTOMATION

ウェアハウスオートメーション

ウェアハウスオートメーション。ロジテックを活用し物流センターの生産性を飛躍的に高め続けます。ロジテックと人によるオペレーションを構築し、ワンストップで全体最適のソリューションを提供します。

  • 物流オペレーション

    物流センターや倉庫など、あらゆるフィールドで培った経験を活かし物流の最適化します。

    物流オペレーション
  • IoT/システムソリューション

    リアルタイムに情報収集し、効率化をはかれます。

    IoT/システムソリューション
  • 人材ソリューション

    ITテクノロジーを駆使し、緊急的な人員供給にも、人口減少による長期的課題にも対応します。

    人材ソリューション

物流ビジネスを加速するサービス

わたしたちは「物流」を実直に取り組んできました。何度もPDCAを繰り返し「最適化」をキーワードにR&Dを進めています。
「最適化」されたノウハウを元にサービスを展開し、提供しています。

ロジテックファンドにより
物流テックの導入を加速

物流オペレーション×テクノロジーを軸に物流センター運営を行う株式会社PAL。生産性向上につながるロジテック等を選定し導入から運用までをサポート。各現場の物流センターに飛躍的改善をもたらし、効率性、省人化を踏まえたご提案をいたします。

物流倉庫管理の最適化 物流倉庫管理の最適化
  • 荷主・事業会社の方

    ロジテックファンドにより効率化、省人化された物流センターをご利用いただけます。業務全体から業務一部分の改善などご提案いたします。

    詳しくはこちら
  • テクノロジー企業の方

    ロジテックスタートアップにロジテックファンドから投資を行うとともに、スタートアップから生み出された最新の技術を物流センターに導入し推進するためパートナーを求めています。

    詳しくはこちら
  • 他業種・業界の方

    次世代倉庫に向けての取組または、運用パートナー等、先ずはご相談ください。


    詳しくはこちら

次世代物流に向けた取組み

物流現場での長年の運用と経験でつちかった物流オペレーションを元に、次世代倉庫のオペレーションに向けた取り組みをおこなっている私たちPAL。現場の運用改善を取組みながらこれからの物流を創造します。

  • 物流倉庫管理の最適化
    物流倉庫管理の
    最適化

    PALでは倉庫管理から出荷、そこに関わる人材マネジメントの企画・設計・運営を行い、荷主の立場に立って継続的に物流改善策を積み重ねています。

  • “テクノロジーを利用した省人化と標準化を促進"
    テクノロジーを利用した
    省人化と標準化の促進

    3PLで物流改善策を積み重ねていく中で、AI、RaaSなど様々なテクノロジーを駆使し、省人化と標準化するソリューションを開発してきました。今では物流会社や様々な業種のソリューションとして提供しております。

  • 物流ファンドによる人とロボティクス
    物流ファンドによる
    人とロボティクス

    PALが積み重ねてきたLogistics4.0のソリューションを倉庫、庫内を投資信託化することにより、人とロジティクスが融合した高い生産性を持ち、労働コストと設備投資を抑制した倉庫を実現させていきます。

ロボティクスとAIを利用し
省人化と標準化を促進

IoT やビッグデータの活用によって、適切な需要予測による生産や仕入れ計画により、調達物流の共同化が進展。倉庫内作業では自動化が進展し、ロボットによるピッキングや品揃えの完全自動化により、一部においては完全無人センターが実現します。

ロジテックとAIを利用した省人化と標準化の図解